一往確認日記

有限会社伊藤ソフトデザインの代表をしています。

.NET ApplicationとirBoardが接続できる様になります。

irBoardの特徴ページで

irboard.itosoft.com

WindowsMacのアプリと連携できるライブラリーの提供を検討しています。

と書いてましたが、遂にWindowsと接続できる様になります。
MacでもVisual Studio for Macを使用すればできる様になると思われます。

まずはデモ動画をご覧ください。
irBoardとNET Application相互に変更をかけてますが、相手に反映されるのが確認できます。

youtu.be

Windowsアプリで、タブレットから簡単な操作や値の確認をしたいという要求はあるのではないでしょうか?
その様な場合はにirBoard.NETを使用すると簡単に実装できます。

ライブラリーはGithubに公開してます。

github.com

文字列はまだエンコーディグ対応していません。
あと、値が変化した時にEventで通知できる様にすれば便利ではないかと思います。今後実装予定です。

dotnet library作成

前回dotnetをmacで試しましたが、提供する場合はLibraryで提供することになるのでLibraryの作成もこちらの通り試していきます。

learn.microsoft.com

手順通りに進めていって、ライブラリーに実装した先頭が大文字か判断するメソッドの動作確認ができました。

Press <Enter> only to exit; otherwise, enter a string and press <Enter>:

This
Input: This
Begins with uppercase? Yes

is
Input: is
Begins with uppercase? No

a
Input: a
Begins with uppercase? No

Pen
Input: Pen
Begins with uppercase? Yes

Macでも作れることが確認できました。

Macでdotnet

irBoardとdotnetアプリを接続するサンプルを作ってみようかと思いdotnet環境の構築を試してます。

こちらに手順が書いていて、

learn.microsoft.com

手順に従っていインストールします。

  1. Visual Studio Code をダウンロードしてインストールします。
  2. .NET SDK をダウンロードしてインストールします。
  3. Visual Studio Code マーケットプレースから C# 拡張機能をインストールします。

環境の準備ができたのでチュートリアルに従ってコンソールアプリを作成します。

learn.microsoft.com

ここで、Visual Studio Codeのターミナルで次のコマンドを実行しますが、

dotnet new console --framework net7.0

OUTPUTに下の様に表示されるので上の手順2はいらないかもしれません。

Downloading the .NET Runtime.
Downloading .NET version(s) 7.0.10 ........... Done!
.NET 7.0.10 executable path: /Users/kito/Library/Application Support/Code/User/globalStorage/ms-dotnettools.vscode-dotnet-runtime/.dotnet/7.0.10/dotnet

うまく実行できました。

% dotnet run
What is your name?
k

Hello, k, on 8/11/2023 at 1:26 AM!

Press any key to exit...                                                                                                                                                 

眠れぬブラウザー2.0.1がリリースになりました。

眠れぬブラウザーもirBoard同様にSwiftUIで一から作り直してver2.0として先月リリースしていました。

リリース後、検索で日本語が入っていると検索できない(何も変化しない)のが判明してver2.0.1で修正しています。
あとはカメラ起動時にクラッシュする場合があるのも修正しました。

今朝申請したのですが、1時間くらいで審査が通ってました。早い早い。

www.itosoft.com

ヒーローズ・リーグ 2023にirBoard賞を提供いたします。

https://irboard.itosoft.com/ja/news/2023-08-002

ヒーローズ・リーグ 2023でirBoard賞を提供することとなりました。

heroes-league.net

ヒーローズ・リーグ では沢山の作品が応募されますが、irBoard を使った作品に賞を与えたいと考えてます。
PLCを使った作品は少ないので、社内改善に取り組んだなどあると面白いなあとと思います。
ESP32デバイスとも接続可能なのとWebブラウザーも組み合わせられるので面白い使い方があると嬉しいです。

応募を検討されている方にはβ版の提供をいたします。

8/28にはキックオフイベントが開催されます。 mashupawards.connpass.com